日本プログラミングスクール

実務研修制度

"未経験”が就職・転職における一つの障害になるのでは?という不安は、未経験者ならどなたでも持っていらっしゃるのではないでしょうか。

当スクールの実務研修制度は、この未経験者の不安を極力解消することを目的としています。研修の内容は、その時々の業界の状況にあわせて変更し、より有効な研修になるよう工夫しています。

これまでの実績から見て、実務研修にご参加いただいた方の就職、転職成功率は、大変高いです
就職・転職を真剣に考える方には是非お勧めいたします。
実務研修参加ご希望の方は、通学コースのフリーパスポートD速習パック50日チケット260時間、又は通信学習コースの年間パスポートで、御受講下さい。 (年間パスポートの場合は、単科コース3セット以上御受講を修了していることが実務研修参加への条件となります。)
上記の4コースのいずれかで御受講頂いた場合、御受講終了1ヶ月前の時点で、実務研修への参加・不参加を決めていただくことが可能となります。参加ご希望の場合のみ、別途90,000円(税抜)をお支払いいただきます。上記4コース以外では、実務研修への参加はできません。
実務研修では、現在稼働中のプロジェクトに入り、現役のSE、プログラマと一緒に仕事をして頂きます。(研修の内容に関しては、自由にお選びいただくことはできません。)
実際の開発現場を経験することで、就職後の不安を解消することができるだけでなく、職務経歴書にも実務経験として記載して頂くことができるため、就職活動を有利に展開して頂くことができます。
ページトップへ